尿漏れパンツでお出かけを楽しもう【悩まない生活をスタート!】

デリケートゾーンの改善

考える女の人

性行為によって膣がゆるくなることはありません。膣のゆるさには括約筋という筋肉が深く関係するのですが、年齢による体の衰えや出産後の骨盤の歪みが原因で括約筋が伸びきってしまうことがあります。そうなると膣のゆるみが目立つようになり、女性の悩みの一つとして挙げられるようになるのです。括約筋が伸びてしまうと膣のゆるみだけではなく尿漏れのリスクも大きくなるため、改善を希望する場合は専門のクリニックで膣の縮小手術などを受けることが必要です。しかし人によっては傷跡が残ってしまうこともあるため、手術に関する疑問や不安がある場合は医師に相談して事前に解消するようにしましょう。

婦人形成の診療科目があるクリニックでは膣の縮小手術を受けることが出来ます。しかし膣のゆるみの原因となる括約筋を鍛えることで問題が解消されることも期待出来ます。例えばテレビや雑誌などで紹介されている膣トレーニングも伸びた括約筋を鍛える効果があり、再び正常な状態へと改善することが可能です。また、出産後の骨盤矯正によって骨盤が正しい位置に戻ると、伸びた括約筋が元通りになることがあります。それらの方法を先に試してみると良いでしょう。生まれつき膣がゆるい場合や改善方法を試しても効果がなかった場合などには膣縮小手術が最適です。メスを使用せずに行なえる治療法もあるので、手術を希望する際には適切な機関に相談することが大切です。婦人科形成の治療には膣のゆるみの改善の他に処女膜再生などがあり、多くの女性から注目されています。