雨漏り対策に!屋根防水についての知識を蓄える

防水工事の必要性

屋根の防水工事を行なうことで、雨漏り被害への不安を軽減できます。防水工事には、いくつか種類があるため、特徴と費用を確認しながら業者に依頼しましょう。

シートを貼る工法の比較

塩化ビニールシート防水

塩化ビニール樹脂の防水シートを貼り付ける工法です。紫外線や熱に強い特徴があります。また、鳥がつついたりしても穴開きが発生しにくいというところがメリットです。

ゴムシート防水

合成ゴム系の防水シートを貼り付ける工法です。部分的な防水補修にも適しています。ゴムを使用するので、温度による変化が少なく、施工地域の制限が少ない特徴があります。

雨漏り対策に!屋根防水についての知識を蓄える

雨

防水工事の種類

陸屋根に施工されている防水工事の種類は、大きくわけて3つあります。防水塗料を塗る「塗膜防水」、防水シートを貼る「シート防水」、防水材を塗る+貼る「アスファルト防水」の3つがその工法です。また、この3つの中でも、使用する防水材によって工法が異なるため、住宅の状況によって工法を選ぶ事になります。

家族

防水保証に関して

防水保証は最長10年の物もあります。しかし保証の条件に「自然災害に起因する雨漏り」や「住宅自体の経年劣化による雨漏り」が免責事項となっていることがほとんどです。年間通して突風や台風のない地域は、あまりありません。保証料金が無料であれば最長保証でも構いませんが、施工費用に別途保証料金が必要な時は短い年数のものでも良いでしょう。

屋根

防水工事の費用負担を抑えられる事例

火災保険の多くは、風災や雪災による窓や屋根の破損を補償しています。保険の内容によって補償適応範囲が違うことや、木造住宅・鉄筋住宅によっても補償対象の判断が異なる点には注意が必要です。ですが、火災保険の適用により、防水工事の負担を抑えられることもあるので、ぜひ確認してみてください。

広告募集中