早めの雨漏り修理で被害を防ぐ!雨漏りの基礎知識

雨漏り被害について知る

家が湿気やすくなる雨漏りですが、被害はそれだけではありません。カビや害虫が発生するほか、住宅の寿命を短くする原因にもなります。その為、台風や梅雨時期などには、早めの対策が重要なのです。

雨漏りが発生する場所

  • 屋根
  • 屋上
  • ベランダ

早めの雨漏り修理で被害を防ぐ!雨漏りの基礎知識

雨漏り

雨漏りしている時のチェック

雨漏りが発生した場合は、早めに修理する必要があります。雨漏りしている箇所の特定ができない場合は、ちゃんと修理することができません。自分でチェックする際は、瓦や壁のヒビ割れ、屋根材や窓のコーキング部分の劣化等を確認してください。屋根や屋上など高いところでの確認は、危険を伴います。雨漏り調査を請負ってくれる業者もあるため、利用しても良いでしょう。

雨

雨漏りを放置するとどうなるか

雨漏りを放置することは、日常生活へも影響があります。雨水が室内に入ることで、湿気やカビの原因となります。そして、一番問題となるのは、住宅が腐食することです。湿度が高い状態だと、木造部分が腐食します。最初は軽度のものでも、長時間放置することで被害が進行していきます。そうなることで、住宅の耐久力が低くなり、倒壊の危険性も出てくるのです。

水を受け止める手

場所によって対応は違います

発生した場所によって、雨漏り修理の方法は異なります。例えば壁が雨漏りしてる時は、多くの場合ひび割れ等の損傷が原因です。ひび割れはコーキング剤で損傷部分を修復し雨水の侵入を防ぐこともできます。屋根が雨漏りしている時は、大掛かりな修理となることもあります。高い場所での作業は、落下のリスクもあるため注意しましょう。すぐに修理できないのであれば、ブルーシートを敷くことで、応急処置ができます。

家の模型

雨漏りしにくい住宅

雨漏りしにくい環境を作るには、定期的なメンテナンスが必要となります。屋根の防水や外壁塗装を行なうと、屋根材のズレやヒビ等を見つけることができます。その為、修繕・補強の機会が得られるのです。メンテナンスを行っていなかったり、そもそも構造に不備があれば、雨漏りが発生する可能性も高くなります。被害に悩まないためにも、定期的なメンテナンスを行ないましょう。

雨漏り被害には早めの対応を心がける

雨漏り被害に合わないためには、住宅のメンテナンスをこまめに行う必要があります。実際に雨漏りが発生した時は、早めに場所の特定と修理を行なうことで、深刻な状態になることを防ぎましょう。

広告募集中